健康ドリンクで元気な体をキープしよう【青汁が人気の一番】

飲みやすさは原料で決まる

女性

無理なく飲めるから嬉しい

一時期はケールを原料とする青汁が多かったのですが、栄養価が高い反面、味がマズイことでも知られていました。ところが現在では飲みやすい青汁も沢山販売されており、なかでも大麦若葉を主原料とする製品は飲みやすいのが大きな特徴です。見た目はケールの製品と同様に青々としていますが、飲み心地は抹茶に近いため、毎日でも無理なく続けられるようになっています。それでいて緑黄色野菜の栄養はしっかり取れるので、野菜が嫌いな人や旧来の青汁が苦手な人にはピッタリな青汁です。そして、大麦若葉と並んで飲みやすいのが明日葉を主原料とする青汁であり、こちらもスッキリした味わいが特徴で、お子様からお年寄りまで美味しく飲めます。原料の明日葉は、摘んでも翌日には新しいのが出てくると言われるほど、強い生命力を備えているのが特色です。栄養価も素晴らしく、食物繊維やカロチン、それにミネラルなどは野菜の王様と呼ばれるケールを上回っています。ビタミン類もケールより含有量が多く、野菜が不足しがちな現代人には心強い青汁です。また、明日葉にはこの植物しか持たないカルコンという成分があり、優れた抗酸化作用でも毎日の健康を応援してくれます。カルコンは根の部分にもタップリ入っているため、製品によっては根も原料に加えているタイプもあるのです。ただし根には苦みなどもありますから、飲みやすさを重視するなら葉を主原料とした青汁、一層の健康効果を望むなら根入りなど、目的別に選ぶと良いでしょう。

Copyright© 2018 健康ドリンクで元気な体をキープしよう【青汁が人気の一番】 All Rights Reserved.