健康ドリンクで元気な体をキープしよう【青汁が人気の一番】

過剰摂取は禁物

青汁を持つ人

飲み合わせに注意する

青汁は栄養価も高く健康に良い飲み物の代名詞でもあります。しかし、健康に良いものであっても飲み方によって効果を半減する恐れもあるので気を付けなければいけません。例えば、青汁の健康効果をより多く実感するために、1日に5杯も6杯も飲むのは禁物です。どんなに体に良い栄養素も、特定のものを過剰に摂取しすぎるのはいけません。特に、脂溶性ビタミンは体内に蓄積しやすく、たくさん摂取しすぎると嘔吐や頭痛、腹痛を引き起こす恐れがあります。全体の栄養バランスを壊さないように、1日1杯から2杯に止めるようにしましょう。また、青汁自体は体に良い飲み物であっても、飲み合わせによって悪い影響が出ることもあります。気を付けなければいけないのは、脳梗塞や脳卒中の予防薬を飲んでいる場合、青汁を服用してはいけないことです。青汁に含まれるビタミンKは、血液の凝固を高める作用があります。そのため、血栓ができないよう薬を飲んでいるにもかかわらず、薬の効果が現れなくなる恐れがあるのです。青汁は薬ではありませんが、飲み合わせには注意する必要があります。そして、青汁は毎日飲み続けて徐々に効果が現れるものであり、即効性は期待できません。1週間飲んで何も変わらないからといって、効いていないわけではありません。サプリメントと同様に、最低でも3ヶ月は飲み続ける覚悟が必要です。このようなことに気を付けていれば、安全に青汁を飲むことができるでしょう。

Copyright© 2018 健康ドリンクで元気な体をキープしよう【青汁が人気の一番】 All Rights Reserved.